中国人・タイ人の犯罪紹介(関税法違反・入管難民法違反)

 

いい加減、外国人の入国は、高学歴・高収入の「犯罪を犯す可能性が低い人物」だけに絞るべきだ。

 

※ 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。

http://www.sankei.com/affairs/news/171130/afr1711300040-n1.html

2017.11.30 19:35

中国では価格4倍も 象牙約7キロを密輸容疑で中国籍船員を逮捕 警視庁

 

 ワシントン条約で国際取引が禁止されている象牙約7キロ無許可国外に持ち出そうとしたとして、警視庁生活環境課は30日、関税法違反(無許可輸出予備)の疑いで、中国籍の船員、陳天彪容疑者(31)を逮捕した。

 

 逮捕容疑は11月28日午後11時45分ごろ、象牙約1本分を加工した長さ約10センチの象牙の印材など605本(流通価格約32万円)をリュックサックや紙袋に入れ、東京都江東区青海の岸壁に停泊中のコンテナ船に持ち込んで輸出しようとしたとしている。「誰かが勝手に入れたものだ」などと容疑を否認している。

 

 陳容疑者はこのコンテナ船で24日に中国・上海を出て28日午後7時半ごろに上陸。一度、船外に出た陳容疑者が船に戻ってきた際に荷物を持っていたため、東京税関職員が確認したところ犯行が発覚した。

 

 同課によると船は横浜を経由し、中国・青島に向かう予定だった。中国では象牙の国内市場が閉鎖されており、日本の3~4倍の価格で流通しているという。陳容疑者は「船に戻る前にアプリで知り合った男と食事をした」などと説明しており、同課が入手経路などを調べている。

 

次。
http://www.sankei.com/affairs/news/171130/afr1711300031-n1.html

2017.11.30 13:43

不法就労を手助け、ブローカーのタイ人女逮捕

 

 タイ人女性不法就労手助けしたとして、警視庁保安課は入管難民法違反(資格外活動幇助)の疑いで、タイ国籍の無職、スズキ・ラムン容疑者(38)=横浜市南区=を逮捕した。

 

 同課によると、スズキ容疑者は別の人物共謀して不法就労目的外国人女性国内の受け入れ先とつなぐブローカーだったとみられる。スズキ容疑者らは「日本のマッサージ店で働けば稼げる」などと女性らを勧誘。渡航費などの名目で約200万円要求して個室マッサージ店働かせていた

 

 逮捕容疑は9月3日、短期滞在の資格で入国したタイ国籍の20代女性を八王子市のマッサージ店派遣し、働くのを手助けしたなどとしている。

 

 同課はマッサージ店の責任者ら関係者計22人入管難民法風営法違反逮捕。同様の手口でマッサージ店で働かされていたタイ人女性が友人に相談し犯行が発覚した。

 

ビザを緩くすると、不法就労目的のロクでもないヤツラが、わんさか日本に入国してくる。

 

最後。

http://www.sankei.com/west/news/171130/wst1711300091-n1.html

2017.11.30 20:22

「中国式白タク」で中国籍男を追送検「300回運び、500万円売り上げ」供述

 

 中国人観光客向けに無許可のタクシー営業(中国式白タク)を行ったとして中国籍の男ら逮捕された事件で、大阪府警国際捜査課は30日、就労資格がないのに営業した入管難民法違反容疑で、中国籍の無職、唐(タン)家(ジア)●(=くさかんむりに写の与が木)(ロン)被告(28)=道路運送法違反罪起訴=を追送検し、捜査を終結したと発表した。

 

 同課によると、唐被告は中国語配車アプリを通じ、訪日客から依頼を受けて関西国際空港などで営業。50人以上中国人ドライバーを使って昨年9月から白タク行為を行っていたとみられ、「客を300回以上運び、500万円の売り上げがあった」と供述しているという。

 

中国人の白タク行為が捕まるのは、珍しいと思う。

 

依頼から支払いまで、全てスマホで完結するので、実態がつかみにくく、捜査が難しいのだ。 

 

〈アマゾンへのリンク その1〉 

中国人の嘘にだまされない 7つの方法 (宝島SUGOI文庫)

中国人の嘘にだまされない 7つの方法 (宝島SUGOI文庫)

 

内容紹介


中国問題評論にかけては第一人者である石平氏の単行本『中国人に負けない7つの方法』がついに文庫化! 嘘をつき、倫理は欠如し、「利」ばかりを追求する中国人。交渉ごとともなれば、日本人よりも一枚も二枚も上手な気がする。しかし中国人、さらには中国という国家の本質を知れば、「だまされない法則」が見えてくる。本書では、個人間のトラブルからビジネス、外交、軍事にいたるまで、中国人を相手に優位に交渉を進める方法を伝授していきます。日本人が身につけるべき、中国への対抗策がここにあります。

 

〈アマゾンへのリンク その2〉 

中国人はなぜ突然怒りだすのか―驚くべき日本と中国の習慣・風土の違い (日文新書)

中国人はなぜ突然怒りだすのか―驚くべき日本と中国の習慣・風土の違い (日文新書)

 

内容(「BOOK」データベースより)
メディアが教えてくれない中国の実情と中国人の実像に迫る!日本人が、今まで不可解に思っていた中国人の謎の行動がわかる。

 

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
王/珍華
1964年12月26日生まれ。中国上海市出身。上海外国語大学卒業。日中合併企業総経理秘書を経て、慶応義塾大学大学院修士課程修了。総合商社勤務を経て独立し、貿易商社を設立経営するに至る。日本、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、フィリピンなどの拠点企業との取引の他、中国進出企業にビジネスのアドバイス、コンサルティング活動も行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)